レース

『JPT 東日本ロードクラシック 群馬大会 Day3』

こんばんは、だいゆーですよ。UDでもあります。

最終日はガッツリ雨。

一抹の不安を抱えながらのスタートとなりました。

レポート

距離 6km×22周 132km
天気 雨

群馬CSC3連戦の最終日。

チームとしての動きとしては初日と同じような感じ。

レース強度には順応してきたようでかなり感覚は良い。

しかし、雨。最近は雨がとても苦手。
何とかしようと試行錯誤はしているが先頭で戦うとなるとやはりキツイ。

そこを何とか誤魔化しながらの戦いだ。

スタート直後から例によってアタック合戦。
参加できない。
というか、先頭に上がりきれない。
ペースが速い事もあり、位置取り争いが激しくかなり危ない。

5周目あたりで逃げが決まる。

アタック合戦で動いてくれていたゲンキさんとマサキが集団から遅れているようで、更にナカジーさんとヒロシさんも遅れているみたい。

この段階でトマさんと集団の先頭で走りながら作戦会議をすると、2人では勝負にならないという事で先ずは様子見でコントロールはしないという判断に。

そうこうしている内に集団はかなりペースダウン。遅れていた選手達が戻ってくる。

キナンの一同も復活。

ここからどうするかが問題。

我々は弾数が少ない事もあり、動かない事を決める。
(jptの出走人数は8人。キナンは6人。主要どころのチームは8人揃えて来ています)

そのままレースを消化。
僕は位置取り争いをしたくなかったので集団の最後尾で走る。
正直、終わったかもと思いました。

ここまで、アイサンの選手を始め、マトリックス、ブラーゼンの選手がタイム差が開かないようにコントロールしてくれていた。

坦々とレースは進み、残り6周で展開が変わる。

残り6入る手前でトマさんから「下りきったらチーム全員でペースを上げるぞ。チェイスじゃなくて集団にサプライズするように一気に上げる。」

とりあえずATHLETUNEカフェインを投入。

そろそろ何にか動きそうだなとは思っていたのでちょっと前にも飲んでいたのですでに効いてきていた。

下りきって一回目の登り返しを越えた後にトマさんを先頭に一気に位置を上げる。
そこから先頭に出て一気にペースアップ。
トマさんが先頭交代、で俺の出番。心臓破りの手前の緩い登りから踏んで登り心臓破りの中腹まで踏む。
で交代。と振り返るとトマさん。

あれ?チームメイトいないんだが,,,笑

かなりハイペースで回しているのでしっかり後ろを確認をする余裕はないが集団はかなり絞られているように見える。

このペースはほぼぼアタックというような強烈なペースアップ。

トマさんに「チームメイト呼んで来い!!」
と言われるも、パッっと見た感じ見当たらないし、ここで僕が下がって呼びに行くとまた先頭に戻るのにかなり足を使ってしまうので、ジェスチャーで仲間を呼ぶ。

この場面はかなり迷いました。仮に、もうトマさんと僕しか先頭にいなかったとして、このまま踏み続けた場合は、先頭を捕まえられたとしても絶対に勝負はできない。
だからといってここでやめるには中途半端すぎる。。

ここは後ろにチームメイトがいることを信じて踏むしかないと思い、先頭で牽引役をしました。

そこでいったんかなりキツくなったタイミングで位置を下げるとゲンキさんとマサキがいた。

残ってくれていたのは良かった。

後から聞くとチーム全員で攻撃というのが上手く伝わっていなかったようで、そこでコミュニケーションのミスが生まれてしまっていたようだ。
3分程あったタイム差をトマさんと僕の2人がメインで引いて2周半で40秒弱まで縮められたので、チームでしっかり連携できていればもしかしたらがあったかもしれない。
全員で動いた後に勝負でにたか、できないかは置いておいて、捕まえないと勝負にからむ事すらできない。
う~ん。逃げに乗せることが出来ず後手に回ってしまったのが一番の敗因だが、難しい所です。

僕は残り3を残しての登りでのトマさんのペースアップに耐えられずドロップ。

ギリギリ追いつけそうな位置にいたのでもしかしたら追いつけるかもと思ったが、それは叶う事はなくそのままゴール。

結局逃げには逃げ切られてしまった。。

感想

やはり逃げに乗れなかったのが一番の敗因。

その後はコミュニケーション不足が否めなかったです。

後は、千切れたあとしばらく前が見えた状態だったので、もう一踏みできれば残れたかもというのが反省点。

感覚の良さと、脚はあるというのは実感できたので次の宇都宮でのレースでは僕自身が結果を残せるように頑張ります!!!

ではではまた。

4+
ABOUT ME
daiyud
daiyud
2014-2015 Nasu Blasen 2016-2017 EQADS Latter half 2017 Bridgeston Cycling 2018-2019 KINAN Cycling Team

POSTED COMMENT

  1. アバター UDのファン3年生 より:

    UD、Day3 お疲れさまです。
    雨の中、みなさんケガもなくレースを終えられて良かったです。
    終盤のペースアップ、UDがカメラの前を先頭で (* ˃ ᵕ ˂ )b
    三日間、KINANの見せ場があって面白かったです。

    0
  2. アバター なっつん より:

    youtubeで観戦してました。
    実況者が「新城選手、チームのためによく踏んでました」って記事の時のシーンについて言ってましたよ!
    カメラが全然映らなくて分からなかったんですが、そんな展開だったんですね。

    次、頑張ってください〜。

    0
  3. アバター なっつん より:

    youtubeで観戦してました。
    実況者が「新城選手、チームのためによく踏んでました」って記事の時のシーンについて言ってましたよ!
    カメラが全然映らなくて分からなかったんですが、そんな展開だったんですね。

    次、頑張ってください〜。

    0

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です