レース

『New Zealand Cycle Classic stage2 2020』

こんばんは、だいゆーですよ。UDでもあります。

第2ステージです!
恐らく昨日より踏めるだろという感じ。
ステージレースでは筋肉に刺激が入り、ある程度なら調子は向上していきます。
今回もそんな感じ!

第2ステージでは片道数十キロ+登りを含む大きい周回を3周。
昨日の時点ではほぼ平坦かなと思っていましたが、ミーティングでこの登りがまぁまぁ登るだろうという結論になり、少し注意。
てことは、逃げ切りは厳しいと思っていたこのステージもチャンスはありそう!!

なので今日もファーストプランは「逃げ」

レポート

距離 パレード6km+レース122km
天気 雨のち曇り

「Photo:Syunsuke FUKUMITSU」パレードは雨

スタート時は小雨でテンションは低め。
暑いと思っていたこのレースは去年より南下した事もあり、結構寒い!!

パレードは震えながら走り、リアルスタート。
とりあえずスタートアタックに流れでチェックに入る。
が、やはり決まらない。
その後も集団の流れを確認しながら5人以上の逃げに反応していくもなかなか決まらない。

「Photo:Syunsuke FUKUMITSU」

しばらく激しい出入りがあったのちに、ヒロシさんを含む15名ちょいの逃げが先行する。
一気に差が開いて行ったので、決まるかもと思いブリッジ。
ブリッジに成功して、前に合流。合流してみると20名弱はいるのかな??
集団は離れている!!リーダーチームのBlack spokeの選手が1名乗っていてその選手はローテーションに入らないが、先ずは無視して回る。
タイム差は30秒までは一気に開いた。

「Photo:Syunsuke FUKUMITSU」逃げの選別

そのまま50km超のハイスピードでローテーションを回すも、30秒からタイム差が開かない。
これは、、、まじかぁ。
こっちもまぁまぁなペースで先行しているはずだが、集団はかなりのペースで追いかけてきているようだ。
そして、20秒、10秒と縮まり、捕まってしまう。。
リーダーチーム、かなり強い。いや、マジで。
かなりのチーム力です。

その後またアタック合戦が始まり、何回か行けるか!?と思う場面もありましたがことごとく捕まる。

しばらく激しい出入りがあった後の、登り返しの場面でゲンキさんがアタックしていき、5名の逃げができる。
集団は蓋をされて完全にストップ。60km地点くらいかな?
懸念していた登りは思っていた以上に緩く、集団がバラける事はなさそう。
これは恐らくスプリントだな、と集団でリラックスライド。

そこからは特に何も起きずに集団で距離を消化。

残り30km程から集団が殺気だってきて、各チームトレインを組み始める。
残り15kmくらいで逃げ吸収。

集団はバチバチ。
これ、ザ・レースて感じ笑
でもめっちゃストレス貯まるからあまり好きじゃない笑

スプリントはなかじーさん。
自分はなかじーさんと一緒に動いて集団の立ち回りを勉強。
残り2km.
集団の右サイドで前上がるタイミングを伺う。
残り1.5km弱、ヒロシさんが上がってきてくれて、ヒロシさん、自分、なかじーさんの順番でトレインを組み、なかじーさんのgogo!!の合図で加速。
残り1km程でヒロシさん離脱。
俺のターン。
上がれる所までっっ!と踏みますが、ギアを飛ばしてしまい、減速。。
踏みなおすも、そこからは上げきれずに埋もれてしまう前にと離脱。

「Photo:Syunsuke FUKUMITSU」ゴール後

なかじーさんは一桁入ったかどうかという順位。

感想

今日の動きは全体的にかなり良かったと思います。
ただ、リーダーチームのBlack Spokeがめっちゃ強いです。
逃げ切る可能性のある逃げは許して貰えなさそうです(;´Д`)

「Photo:Syunsuke FUKUMITSU」ゴール後

明日は今日以上にスプリントステージになりそうですが、挑戦はしていこうと思います。

明日は第3ステージ!参考までに去年のレース「New Zealand Cycle Classic 2019 st3

5+
ABOUT ME
daiyud
daiyud
2014-2015 Nasu Blasen 2016-2017 EQADS Latter half 2017 Bridgeston Cycling 2018-2019 KINAN Cycling Team

POSTED COMMENT

  1. アバター K5Y より:

    ニュージーランド・サイクル・クラシック第2ステージ、お疲れ様でしたーーー!!!。他の選手方のブログも拝読しておりますが、ブラックスポークさんはかなり強そうなチームですね〜!。
    そしてそして、アタック合戦が繰り返される中でも、これは今日はスプリントになるな〜と流れを読んで集団で脚をためるシーンを読み、ワクワクいたしました(*´∀`*)。
    究極的に言えば、ロードレース は多分、参加されているというか、出走されている選手が1番ドキドキワクワクして楽しいのではないかと思うのですが(レース内の時流に乗って?、臨機応変に切り替えねばなりませんし)、その内容をこうしてブログで拝見できる方も、ちょっとした推理ドラマ??っぽくて楽しいです!笑笑。
    明日からのステージも頑張ってくださあぁぁい!!!。Fightーーー!!!。

    0
    • daiyud daiyud より:

      ブラックスポークは強いですよ(;´Д`)
      レポートを楽しんで読んでいただけいるのであれば嬉しいです!!
      僕達は物理的にドキドキもしてますよ!笑
      残りも頑張ります!!

      1+
  2. アバター UDのファン2年生 より:

    2ndステージ、お疲れさまです。
    ブリッジ、決めたんですね。Good Job☆( ゚Д゚)b!
    キナントレインもいいですねww

    0
    • daiyud daiyud より:

      ブリッジは成功しましたが、逃げの成立にはなりませんでした、、
      スプリントで気持ち良く勝てるようにキナントレインは磨いていきたいと思います!

      1+

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です