過去のレース

『2戦目は犬…』2016/03/07

昨日はGP D’ALBI カテゴリーは1.12.7
11kmを12周の132kmのレース

予報では雨でしたが、曇り男に祈ったおかげか曇りを通り越して時折日がでる天気でレースはスタート。
先週と比べたら体の動きはかなりいい。

前日のミーティングで目標、作戦をチームできめました。
目標は3位以内。作戦は前回のレースで前の集団でゴールした内野さんと僕をなるべく前に残す。

そのミーティングで例年、序盤にできる逃げがそのまま行く事が多いと聞いていたのと、前回のレースでは逃げにのるとこまで行けなかったで先ずは逃げにのる、その後の展開はとにかく乗れていないとその後を考えても意味がないと思い前半をとにかく集中して挑みました。
結果スタートしてまもなく決まった逃げ(結果的にはこれが勝ち逃げになります)にはのれました。しばらくして大和先輩が合流してくれましたが、登りでの揺さぶりに耐えられず脱落…
集団に吸収されかなりキツい状態が続きますが、先週高校を卒業して合流した石上と歩が集団を牽いたりしてくれていたので休めました。
その頃はまだ逃げの集団は見える位置にいたのでまだ追い付けると、追走の動きを逃さないようにする。
すると間も無くできた津村さんを含む追走に乗ることができ、展開としては悪くない感じでいけていた時に落車……

犬と正面衝突しました。ドッグクラッシュ。。
平坦区間でスピードが上がっていて、僕は追走グループの一番後ろについていました。追走の人数は10人ちょい。一番後ろだと前の状況は確認できなくて、審判のバイクが後ろからクラックションをならしながら左から抜こうとしていたので右に避けたところに犬。でそのまま衝突。一回転して腰を強打。。フレームは真っ二つ。
予備の自転車で復帰しようと思いましたがかなり強く打ったみたいで左足で踏み込めない。
残念ながらDNFとなりました。
幸か不幸か一回転して地面に叩きつけられたので擦過傷はそれほどないです。
振り返ってみたらあの審判のバイクは犬に向かってクラックションをならしていたのかな??

~感想~
今回のレースは僕自身の目標の最初の逃げにのるというのはこなせた。
遅れてしまった後も追走には外さずのれたのでここも良かった。
チームとしても前回と比べたら格段に動けていて集団にいても走りやすかった。
反省点はやはりせっかく乗った逃げからこぼれてしまったことです。しかしこの部分は今の僕には単純に力及ばず…という感じだったのでこの少しの我慢の部分の強度を鍛えればもっといい結果が巡ってくると思います。
それが今回の一番の収穫ですかね。逃げに乗ることによって分かったのですが、日本のレースだとここで一旦落ち着くだろう。と思う所でもまだ踏む。こっちのレースでは逃げだからとりあえず協力しようというのはあまりなくてしばらくバチバチ振るいにかけあい、残ったもの同士で協力する。
これで当面の目標は決まりました。
先ずは短時間高強度の値をもっと上げる。
それから逃げでの振るいのかけあいに対応できるようにして勝ち逃げにしっかりのる。

今回は犬と衝突というアンラッキーな結末でしたがしっかり治して次のレースに備えます。

以上!!

2+
ABOUT ME
daiyud
daiyud
2014-2015 Nasu Blasen 2016-2017 EQADS Latter half 2017 Bridgeston Cycling 2018-2019 KINAN Cycling Team

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です