レース

『JPT 大分ロードレース』

こんにちは、だいゆーですよ。UDでもあります。

大分2連戦の2戦目、ロードレース。
コースを見るに、位置を下げてしまうとキツイ。
180度ターンからの登りがあり、登りきっても下らずにだら~と平坦になり、休めないので足の無い選手から遅れていくようなイメージ。

なので、できるだけ前で展開していきたいところ。

【怒ってないよ】

レポート

距離 4km×25周 100km
天気 晴れ

今日の作戦は大雑把に言うとアシストを決めずに全員勝ちを狙っていく。笑
ヒロシさんと僕は前半から逃げの動きをしていく。
他は基本的には後半まで貯め。

僕は逃げを狙っていくが、マンセボ選手の戦線加入により大幅に戦力アップしたマトリックスの動きを見つつ動いていくつもり。

昨日の失敗を生かせず、試走しすぎて並ぶのが遅くなり、かなり後ろからのスタート。。
ミスった笑

しかし今回のコースでは足は使ってしまうが、前に出るタイミングはありそうなので焦らず少しずつ集団前方に移動。

アタックのタイミングを伺っていると、ゲンキさんやマサキが元気良くアタックしている。
ん???
まぁまぁ、様子見アタックかな?と思い、2人の様子を観察する。

そしてまたアタックしていく。

ん???
アンタ達後半まで貯めるゆーてたやん。笑笑
完全にスイッチが入ってるぽい。
作戦とは違うが、キナンは弾数が少ないので攻撃してくれる人数が多いのはそれはそれで良いし、マトリックスを消耗させる事もできるのでまぁ良いかと、僕も隙を見て攻撃を仕掛けてみる。

でも捕まる。

集団の動きを見ると、全体的に動きが消極的なのに加え、例えば、キナンがアタックしたのに着いてくる選手達を利用しつつマトリックスが集団を率いて吸収という動きが多いように思う。

完全にコントロールをしている訳ではないが、半分マトリックスのコントロール下にあるような状態でレースは進む。

そんな繰り返しがあった後にトマさんの強烈なアタック。

誰も付けず、独走。

この状況で自分達からアタックを仕掛ける訳にもいかず、他チームの動きを待つも、動きはない。

ここはマトリックスのコントロールでトマさんは完全に泳がされているような状態。
捕まりそうなタイミングでブリッジアタック。
追い付いたタイミングでフィッツの選手がかなり良いペースで僕を抜いていく。

そこに着いて2人逃げ。

後ろを確認するとゲンキさんが追いかけて来ているのが見えたので若干待って、合流してから再びプッシュ。

集団を確認するとマトリックスが追ってきていて、そんなに離れてない。
踏み辞める訳にもいかないので、そのまま踏む。
で、180度ターンの登りでほぼ集団に追い付かれるも、そのままペースアップして再び若干先行。

パッと後ろを確認すると、あれ~???マサキになってる?!笑笑
いつの間に入れ替わった笑笑

そのまま3人で踏むもやはり捕まる。

いや、マトリックス、本当に厄介。

めっちゃ捕まるしその度にマトリックスが引いてるから先入観があるかも知れないがキナン勢はマークされてる気がする樂
純粋に逃げを行かせる気がないのか。

どちらにしてもどうしたものかと悩む。

しばらくすると、シマノの選手とディレーブの選手の2人逃げが先行。

集団のペースが一気に落ちる。
マトリックスのコントロール。
これはこの逃げを決めるつもりかな??
どうするか迷っていると、マサキがマトリックスの動きを確認するアタックをするという事なので、動きを見る。

180度ターンの登りでマサキのアタック。

マトリックスのホセ選手が反応。UKYOの小石選手が反応。BSの今村選手が反応。
ここで一旦集団が止まる。
マトリックスが追う様子が無かったので、UDもアタック。
引き連れて行くのは良くないので後ろを確認するも着いてこないのでそのまま踏みきって前に合流。

キナン2、マトリックス1、BS1、UKYO1の追走。
直ぐに前の2人を捕まえて7名逃げになるも、間も無くディレーブの選手が遅れて6人逃げ。

でも、これは捕まる逃げだなと思う。

というのも、マトリックスのホセ選手がローテーションに加わらないからだ。

マトリックスはキンテロ選手の総合を第一目標としているのか、集団を引いてるのでホセ選手はただチェックに入ってる逃がさないようにしたのだろう。

そして、力があるホセ選手が回らないことで、BSの選手も露骨にローテーションへ入らない。

全くペースが上がらない。

僕とマサキは最初気にせずローテーションを回そうと思うも、回ってないメンバーがいるのに2人乗せているキナンが2人して撃沈する事にならないように、僕がホセのマークに回る。

ローテーションしてくれているメンバーには申し訳ないが、これは仕方がない。

こんな感じだからタイム差も広がらない。
最大50秒かな??

状況をどうにかしようと何回かマサキがアタック。
それでシマノの選手がドロップ。

先頭は5名。

対面のタイミングで集団を確認すると、アイサンとBSもローテーションに加わっているみたい。

これはいよいよ捕まるというタイミングでマサキがアタック。それにUKYOの小石選手が反応。
BSの今村選手とマトリックスのホセ選手は反応せず。
ここで少し迷うも、後ろからブリッジアタック。
ホセ選手の動きを確認すると着いては来ない。
そのまま踏んで、前に合流。

集団にはゲンキさんがいるので、他の選手達をできるだけ消耗させる目論見と、ワンチャン逃げきりを狙っての逃げ。

オールアウトはしないようなペースでローテーションを回す。

が、、マトリックスの牽引により捕まる。

この時点で集団はかなり小さい。

脚には余裕を残して走るよう心掛けていたのでまだ勝負はできる。

よし!!ここからが本当の勝負だ!!
て所でめちゃめちゃやらかし。判断ミス。

集団に捕まったその瞬間にマサキがパンク。

そこでマサキにはドンマイと告げて自分は集団に合流するも、そういえばマサキは一応総合があったなと思い至り、後ろを確認すると何か言ってる。
バイクチェンジ!と言うから一瞬迷うも、マサキとバイクを変える。

ここでは2人とも頭に血が登っているのもあり冷静な判断ができない。

・バイクを変えるタイミングは適切だったか。
否。バイクを変えるならばマサキが下がりきる前に変えるべきだった。

・更に、バイクを変える必要があったのか。
否。ここは後輪だけ交換でも良かったはず。
(結局、フィードゾーンで自分のバイクに乗り換えるので2回バイクチェンジをする事となりかなりのロス)

・そもそもマサキを待つ必要があったのか。
否。もうこのタイミング、そしてマサキのランキングはトップ10ではあるものの、そこまで重要ではない。

以上の判断ミスにより、まだ戦える力を残しながら2人して集団から遅れてしまい、ゲンキさんを単騎にしてしまった。

僕は車輪交換等に時間を食われ、せめて完走しようと走るもホイール交換にロスしすぎてそのまま降ろされる。

チーム最高位はゲンキさんの13位。

チームとしてはかなり良い動きができていたとは思うが、この結果では目も当てられないと思う。

感想

めちゃめちゃやらかし。
そして、めちゃめちゃ悔しい。

最後勝負できたかどうか分かりませんが、不完全燃焼で終わった事が悔しいです。
まだ何かできる事はありました。
自分がマサキのケアをせずそのまま集団に合流していれば、ゲンキさんと連携してもう少し上の順位を狙えたはずです。

更に、展開によっては自分のリザルトも望めたはず。。

思い返すと本当に悔やまれる。。。

めっちゃモヤっとしたレース後となってしまいましたが、切り替えて次を狙います。

次で最後なんですけれどね。。笑

チームのコンディションは悪くはないと思うので、最後はカッコ良く絞めたいです!!!

ではではまた。( -д-)

5+
ABOUT ME
daiyud
daiyud
2014-2015 Nasu Blasen 2016-2017 EQADS Latter half 2017 Bridgeston Cycling 2018-2019 KINAN Cycling Team

POSTED COMMENT

  1. アバター UDのファン3年生 より:

    UD、大分ロードお疲れさまです。
    KINAN、アグレッシブでしたね。

    特にホセ選手や小石選手らとの逃げは映像を見ていて面白かったです。
    ホセ選手とはどんな感じで話されていたんですか? マワレヤゴラァー∑(°口°๑)

    捕まってUDが集団に戻ってこなかったのでどうした?と思ってましたがそんなことになっていたんですね。 ( ´^`° )

    次で今年は最後のレースなんですね。
    調子も良さそうなので期待してます!

    0
    • daiyud daiyud より:

      ありがとうございます!!
      マトリックスの牙城を崩したかったのですが、やはりマンセボ選手は強かったのです笑
      台風が来ているので心配ですが、頑張ります‼️

      1+
  2. アバター K5Y より:

    JPT大分ロードレース、お疲れ様でしたー!。

    リザルトでUD選手がDNFになっていたので、『?!どうしたんやろ?!』と気になっていたのですが、そんなことがあったんですね(⊃д`)゜・。

    そしてKINANが最初からめちゃくちゃアグレッシブでしたが、実は当初の作戦では後半に向けて温存予定の選手も居らしたとか…笑。
    でもでも、Live中継配信で見ていましたが、見ている方はめちゃくちゃエキサイティングで楽しかったです!!。

    あと、私も他の方がコメントされているようにホセ選手とどういう会話していたのか気になる…笑笑。

    今年はツール・ド・おきなわが中止となり、次の経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップが今シーズン最後のレースとなりますが、UD選手にとって悔いのないレースとなりますように!。
    とはいうものの、台風の影響でどうなるかかなり怪しいですが、どうかご安全に~!。

    0

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です