過去のレース

『Tour de GUADELOUPE 7st』2017/08/05

第7ステージ。158km。

5位。

表彰台は遠く…

.
..

今日もそんなにキツイ登りはなく、アップダウンが続くようなコース。
風はそこそこ吹いている。

朝から疲労感が凄い。。
ここ数日のレースでは、逃げが決まるまでに何回かアタック合戦が続いた後に決まっていました。
今日もそうなるだろうと思い、体のキツさもあったので、少し様子をみながら反応していこうと思っていました。
それに、ここは集団スプリントになることもあるらしいので、そうなることも想定してスタート。

スタート直後にバラバラと20人弱ほど行くのが見えた。
あれ??アンカーは誰も乗ってないぞ!?
しかも、なかなかの勢いで進んでいく。
ヤバそう。と直感し、アタック。
1人で全力でもがく。きっつーー。
後ろをみたら2~3人と面手さんがついてきていた。何とか追い付く。
ローテーションに加わりますが、スピードがえげつない。
平坦は、60km前後のペースで進んでいく。速!?
こんなペースで持つのか!?!?と思いながら、ヒーヒー言いながらついていく。
すると、アクシデント。
パンク~。
一瞬焦りましたが、流石にこれだけ落車やらパンクやらを経験したら慣れますね。笑
落ち着いて対応。
ほぼ足を使わずに復帰😏

瞬く間に、タイム差は広がっていき、最初の10kmで1分。30kmで3分半。50kmで5分。わお。
監督から、この逃げには総合を逆転できる選手がいるから、そいつらに引かせろ!と指示が。
13、62、42番。
特に、13番の選手のチーム(TEAM NICOL)は2~3人逃げにのせていました。
このチームと、62番の選手のチーム(INTEJA)が中心にローテーションは回っていました。
僕は、キツさを誤魔化しながら、ローテをパスしたりして勝負所に備えました。それに、正直今回は逃げ切りはないだろうと思っていました。

逃げの中でも、疲労が出てきたのかローテをパスする選手が増え始める。
僕もいつもより疲労の溜まり方が早い。
70kmを通過した辺りで、タイム差が縮まり始める。
100kmになる頃には、5分20秒あったタイム差が3分半まで縮まる。
捕まるか??
しかし捕まりたくない逃げも、ペースが上がる。

残り40km。
アタックがかかる。
完全に不意討ちでした。まさかこの地点で抜け出しを謀るとは。
2名の先行を許す。
逃げの中で、アタックする選手と、ローテを回して追い付きたい選手に別れる。
僕はアタックして追い付きたい側でした。しばらく、攻防を繰り返した後に単独でアタックして、前に追い付こうとしました。
全力で踏み続けましたが届かない…!!
1人後ろから来た選手に抜かれて、その選手は前に合流。しかし、その選手が集団を微妙な位置までつれて来てしまっていたので、そのままの勢いで逃げを吸収。
ヤバい。足がレッドゾーンに近づいてる…

残り30km。
タイム差は6分20秒まで広がる。
逃げ切りか??
ここでまたアタックがかかる。さっき逃げていた選手だ。単独で逃げ続ける。一応見える位置で逃げていたので捕まると思った。ここに、追撃が発生。マークしていた選手の1人、PROIMMOの選手。これには反応する。が、、足が無くて切れのないアタックになってしまい、ついていけない+後ろの選手に付かれるという失態。。
またも、2人に先行を許してしまいました。

逃げはローテーションを回しますが、上手く回らず、捕まりそうで捕まらない。
登りでまた1人アタックしていって合流される。これも反応はしましたが、寸前で置いていかれる。
キツイおいかけっこが始まる。
なかなか捕まらないまま残り15km。
渾身の力を振り絞り、単独でアタック。それと同時くらいに、前でPROIMMOの選手がアタックしているのが見える。マジか。
2人には追い付きましたが、PROIMMOの選手は少し離れてる。
そのままの勢いでアタックし、前に追い付こうとしますが、相変わらず切れがなくギリギリのところで後ろに付かれる。でも集団は少し離れているので回せば追い付ける!!
全く出ない。何故!?追い付けるのに。
アタックしますが、ついてくるだけきて、出ない。引くのを止めました。
吸収される。

残り10km。
若干アタック合戦はあるものの、どの選手も抜け出せず。

残り5km。
TEAM NICOLの選手が引き始める。

3km。

1km。

500m。
1人飛び出す。誰もつかない。見送ってしまう。

300m。

200m。
それぞれ前に上がって来る。僕は2番手。

スプリント開始。左側から1人にいかれてその後ろはほぼ団子でゴール。
結局、3位の集団スプリントでした。

足がパンパンの状態でのスプリントでした。今回も優勝を目指しましたが、力で負けました。
流石に今日はしんどかったです😵😵
158kmを逃げ切れるとは思わなかったです笑

一応今日できる最善は尽くしたかなと思います。面手さんも、最後、前の選手を捕まえる為に力を使ってくれました。
それに、キツイ状態で少しでも楽しながら走る方法を覚えてきた気がします(^^)d

残り2日。3ステージ。
頑張ります💪💪

1+
ABOUT ME
daiyud
daiyud
2014-2015 Nasu Blasen 2016-2017 EQADS Latter half 2017 Bridgeston Cycling 2018-2019 KINAN Cycling Team

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です